スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵本
木曜日、幼稚園の補助金説明会の後の講演会で
福音館書店 相談役 松居直(まついただし)さんのお話を聞くことができました。
ぐりとぐら や 3びきのやぎのがらがらどん などの編集をされた方です。

絵本は字を読むのではなく絵を読むのだそうです。
絵を見てお話がわかるものが良い絵本。
そして、次に音読をしてくださいと言っていました。
声に出すことによって気持ちが入る。

そして絵本を読むときの鉄則!
『読むのも勝手。聞くのも勝手。』
子供って本読んであげると何か違うことしたりして「聞いてんの?」ってなるじゃないですか?
でも「聞きなさい。」って言うと聞くほうも構えてしまう。
だから読むほうは読みたいから勝手に読んでる。
聞くほうも聞きたければ聞くし聞きたくなければ聞かなくていい。
どっか行っちゃっても読み続ければいいんだって。
聞いてないようで聞いてるし。

絵本は子供が読む本じゃなくて
大人が子供に読んであげる本。
そして喜びを共有する。

機械の声(テレビなど)ではなく人の声で読むことが大事。
お母さん、お父さんが自分の声で心を込めて読んであげて下さい。
わからない言葉の意味。
聞かれても教えてはいけない。
わからないから想像し興味を持つのだそう。
そして、豊かな心がつくられるそうです。

小さい頃に母や父から沢山の本を読んでもらい
言葉を貰うのだそうです。

怖い本は避けてしまうかもしれません。
でも怖い本も読んであげて下さいとおっしゃっていました。
怖い本でもお母さんが居てくれる安心感があるから大丈夫だとか・・・。
ちなみに松居さんは小さい頃怖かった本は『かちかちやま』だったそうです。
おばーさんを食べちゃう?とかホントは怖いグリム童話のような結末があるんですよね。
ちなみにウチの長女は『シンデレラ』の怖い話で怖すぎて泣いてました!
ガラスの靴を履く為に足切っちゃったり
結婚式に来た意地悪なおねーさんの目玉を鳩がえぐり取るとか・・・。
コワッ!

そして何度も何度も 本を沢山読んであげて言葉を与えてあげてくださいとおっしゃっていました。

講演を聴いて絵本の見方がチョット変わった気がします。
いいお話が聞けてよかったです。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

maiko

Author:maiko
くるみや木、綿、麻、樹脂粘土などで主にちっこい雑貨を手作りしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。