スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病理解剖結果

昨日、病理解剖結果が出て獣医さんから電話が来ました。

腫瘍ではなかったものの、見た目悪くなさそうだった左の卵巣に異常があり放っておけば悪化して右の子宮と同じ状態になっていたそう。
出血は左右からあったようで両方の子宮に異常があり、放っておけば悪化して卵巣嚢腫?などになっていた可能性はあるとのこと。

1ヶ月は要観察。
ギリギリまで切ったものの病巣が膣までいっていないことを祈るばかり。

これから先、元気でいてくれますように。

すっかり人格ならぬ猫格が変わって人の膝になんて絶対乗らなかったのに、事あるごとに膝に乗り子供たちは大喜び。
「私の膝にきて~♪」とさらにしつこくなってイヤがられてます(*≧m≦*)
こんなにすぐ、変わるもんなのね~

3キロに長時間乗られると拷問のようだ…

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

しんちゃん♪
そーなんだよね!
獣医さんいわく、猫も発情期はイライラして何回も続くとストレスになるし、人間も相当なストレスだよね~!!
うちの近所に集う愛犬家さんたちは外に出さないならそのままでいいんじゃない?なんて言うけど、犬と猫じゃ大違いよね~(´Д`)
病気のリスクも減るし…
すでに病巣があったからなんとも言えないけど。
獣医さんは、メスはあまり変わらないって言ってたけど、穏やかになるよね~。

今後元気にいてほしいと言ってる側から激しく咳き込んでるよぉ~(´Д`)
風邪引いちゃったみたい(T-T)
勘弁してくれぇ~
No title
そうそう~!
なんか、幼くなるっていうのかな?
子猫の時みたいにかわいい性格(笑)になるよね~~(*≧∇≦*)

手術って可哀想に思える事もいっぱいあるけど、そして、もちろん自然なままな姿の方が猫にとってはいいのかもしれなくてあくまでも人間のエゴなのかもしれないけど、発情時期のキーッッとなったヒステリックな感じを見たりした後に、このおとなしくて甘えっ子な様子をみると、猫的にもストレスがなくなって穏やかでいられるのかもしれない…ってわたしは思ったんだよね。

びーちゃん、もうなんともないといいね。
これ以上辛いのはかわいそうだ(;ロ;)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

maiko

Author:maiko
くるみや木、綿、麻、樹脂粘土などで主にちっこい雑貨を手作りしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。